ウッドデッキの作り方(5)床板、てすり、階段の設置

横木や縦木の組み込みが終わったら、床板を設置します。ウッドデッキでは、ここまでの作業が1番大変なのですが、ここからの作業の方がラクで楽しいです。まず、床板を端から順にきっちり並べ、ハンマーでよせてから釘を打ちます。床板を設置すると、かなりウッドデッキっぽくなりますよ♪
続いて、ウッドデッキのフェンスを外壁に取り付けてます。さらに、ウッドデッキのてすり、階段、扉などを設置していきましょう。てすりなどの形によっては、床板を設置する前に取り付けたほうがきれいに設置できるものもあるので、説明書をよく読んでください。うちの場合、床石の踏み固めが甘かったのか、地盤がゆるめだったのか、ウッドデッキを設置した段階で全体が下に沈んだみたいです。最初の設計よりもウッドデッキの床板が下がったので、予定よりも階段を1段減らした結果、1番上の階段と床板との間があいてしまいました。
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。