ウッドデッキの作り方(1)採寸&イメージ

自信のある人は、ウッドデッキを手作りしてみてください。ここでは、ウッドデッキの基本的な作り方の手順をご紹介します。ただし、実際にウッドデッキを作るときには、キットなどに添えられている説明書をしっかりと読んで、説明書中の手順に従ってくださいね。

ウッドデッキを作るのにあたって、まずは庭の採寸を行います。どの位置に、どの程度のウッドデッキを設置したいのかをしっかりと決めましょう。「3mくらいかな〜?」とか、適当に測っていると、後で部品がはまらなくなってしまうことがありますので注意!数十センチの差でもかなり印象が変わるみたいだし。
続いて、市販のウッドデッキのカタログを参考に、実際に作るウッドデッキのイメージを固めます。床材や手すりなどの色や材料を決めましょう。ウッドデッキのカタログに載っているものはたいてい互換性があるので、「この床材にこの手すり」などと組み合わせても大丈夫(なことがほとんどです。きちんと確認してくださいね)。
スポンサードリンク


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。